プレイウッド ウェブサイト Playwood Website
Whistle Instrument
Whistle Series
Bird Whistle
バード ホイッスル
WH-2B
OPEN
WH-3B
OPEN
WH-6B
OPEN
WH-8B
OPEN
WH-9B
OPEN
WH-11B
OPEN
WH-13B
OPEN
WH-18B
OPEN
WH-20B
OPEN
WH-23B
OPEN
WH-24B
OPEN
WH-25B
OPEN
WH-28B
OPEN
WH-29B
OPEN
WH-32B
OPEN
WH-34B
OPEN
WH-1B
¥OPEN
WWH-2B 野バト
たる型。ホイッスルの端に上唇を乗せて吹く。鳴き声の美しさで、ブラジルで最も人気のある鳥の一つ。虫や果実を食べる(ヤマウズラバトは、低音の悲しげなク〜ク〜という鳴き声で断続的に呼びかわしながら、夫婦仲良く連れ立って餌をあさることが多い)(クック〜、クルックックック〜という鳴き声)
H-1B ナキシャクケイ
中南米産のキジ目鳳冠鳥科のにわとりに似た鳥。英名の(笛吹きシャクケイ)は、高い調子の笛のような声に由来する。(ピィ〜ピィ〜ピィ〜という尻上がりの声で鳴く)繁殖期には、樹冠部から樹冠部へと、ヒュ〜という大きな音をだしながら飛び移るディスプレイ(誇示)をおこなう。ブラジルで良く知られている鳥。暗い木陰や大木の幹を囲んでいるリアナ(熱帯産のつる性植物)の上に良く止っている。果実や種子を食べる。
WH-3B
ナンベイウズラ

にわとりに似た鳥。ブラジル全域で見られる。英名の別名クウェイルは騒々しい鳴き声を模したもの。(クウェィルクウェィルクウェィルと繰り返して鳴く)
WH-8B シギダチョウ
クロス型。ブラジルでイニャンブー・ショロロとよばれる。ヒメシギダチョウ属の鳥。このグループは一般に飛び方がバタバタとうるさいが、かなりの速度を出せる。(ピィ〜ピィ〜ピピピピ・・と震え声で下がり調子で鳴く)

WH-6B コオロギ
雄が雌を誘き寄せるときの鳴き声に特徴がある。鳥のえさになる。
WH-9B シギダチョウ
あひるのくちばし型。(ピィ〜ピィ〜ピピピピ・・・と震え声で下がり調子で鳴く)
WH-11B
シギダチョウ

ポール型。
WH-13B
キアシシギダチョウ
ヒメシギダチョウ属の鳥。ブラジル東部、北東部に生息。(高くもなく低くもない声で、ク〜クク〜、ク〜クク〜と鳴く。)
WH-18B カピバラ・コシギダチョウ
カピバラは世界一大きなげっし動物。体長は約1メートル。小さな耳で尾がない。川岸や低湿地に生息。鳴き声は、キャッ、キャッ、キャイ〜ン。
WH-20B オバシギダチョウのさえずり
回転式トランスミッション付モデル。
WH-23B アマゾンシャクケイ
キジ目ホウカンチョウ科ペネロペ属のシャクケイ。ペネロペとはギリシヤ語の女性名だが、ガチョウないしアヒルの意を持つ。グワッ、グワッ、クワ〜〜ワワワッと鳴く。
WH-24B ナンベイウズラ
クロス型。
WH-25B キアシシギダチョ
ウステンレス・スチール製。猿の鳴き声やモリクイナ、野バト、オオハシ、ハト、ナンベイウズラ、オバシギダチョウなどの鳴き声に使う。
WH-28B
マダラシギダチョウ

シギダチョウの一種。かん高い声で、ピッピッピッピピルルル〜と一本調子で鳴く。
WH-29B
オバシギダチョウのさえずり

リード型。ふたをずらして音色を変える。
WH-32B
リュウキュウガモ
WH-34B スポーツ
学校用ホイッスル
Samba Whistle
サンバ ホイッスル
Bird Whistle
バード ホイッスル
Lighting Samba Whistle
サンバ ホイッスル
WH-1P
OPEN
長さ82 バード
ホイッスル
WH-6P
OPEN
長さ65 バード
ホイッスル
WH-32P
OPEN
φ27バードホイッスル
WH-28P
OPEN
長さ90 バード
ホイッスル

WH-8LP
OPEN 80×87
サンバホイッスル
 
WH-8SP
OPEN 55×70
サンバホイッスル
WH-SPR
OPEN レッド
WH-SPB
OPEN ブラック

ホームへ